まつげのお悩み相談


consultation

まつげパーマの平均的なもち(持続期間)とは?

まつげパーマの平均的なもち(持続期間)は3~6週間程度になります。

初めてのまつげパーマは、まつ毛内部の芯がギュッと閉じており、真っ直ぐに戻ろうとする力が働くため落ちるのも早く3週間~4週間となります。

しかし1ヵ月ペースで2回、3回と掛け直すうちに、まつ毛内部の芯が少し開いた状態になり、真っ直ぐに戻る力が弱くなるため1ヶ月ペースで何度か掛け直すうちに4週間~6週間もつようになります。

またまつ毛は毎日5本程度は自然に抜けるため、約3ヶ月で全てのまつ毛が生え変わります。

そのため、1ヶ月経つと

・カールの掛かっているまつ毛が2/3

・カールの掛かっていない新しいまつ毛が1/3

とまつ毛がバラついてきます。

2ヶ月経つと

・カールの掛かっているまつ毛が1/3

・カールの掛かっていない新しいまつ毛が2/3

となり、かなり取れてきたと感じます。

3ヶ月経つと全て新しいまつ毛に生え変わっているため、まつげパーマが取れ掛けてきた4週間~6週間を目安にまつ毛パーマを掛け直していただくとキレイなカールが掛かった「美まつ毛」が維持出来ます。