まつげのお悩み相談


consultation

まつげ美容液の⾊素沈着はなぜするのか?

まつげ美容液の⾊素沈着は美容液に含まれる「ビマトプロスト」という成分が原因です。

ビマトプロストという成分は点眼薬の成分の1つであり、副作⽤として、まつ⽑が⽣え、⻑くなること、⾊素沈着を誘発する可能性があることがわかっています。

ビマトプロストが含まれるまつげ美容液(⼀部点眼薬)の代表としては
・ルミガン
・グラッシュビスタ
・ケアプロスト
などがあり、医師の処⽅を受け、安全に使⽤をするこを前提にまつげ美容液として提供しているクリニックが存在します。

⾊素沈着として現れるものはメラニン⾊素という⿊ずみのようなものになりますが、ビマトプロストはこのメラニン⾊素の成⻑もまつ⽑の成⻑とともに促進させる効能があるのです。

肌は約1ヵ⽉でターンオーバーといって⽪膚細胞が⽣まれ変わり、⾊素沈着している場合は約1ヵ⽉で元の⽪膚の⾊に徐々に変化をしていくものの、ターンオーバーしても排出しきれないメラニン⾊素が残ってしまった場合、数カ⽉間⾊素沈着として残ってしまうこともあります。

また、⽬元の肌は敏感で、強く擦ってしまうと肌のダメージを守るために、活動が活発化され、メラニン⾊素も多く作られてしまいます。

ビマトプロストの⼊ったまつげ美容液を使⽤する場合は、使⽤⽅法は必ず守り、⽬元にはなるべく触れないように注意する必要があります。